2011年 09月 15日 ( 1 )

『ツバメ』

私、実はかくれ山崎まさよしファンでして・・・
この曲、それほど代表曲でもなく、
コンサートでも決して盛り上がるでもないのですが、
私自身いつもなんかのおりには聞きたくなって、
その時の自分の状況によっては、切なくなったり、涙したり・・・(あっ、おんなじやね)

どこかの誰かさんへのアンサーソング
ってほどおおげさなもんじゃないですが・・・


『ツバメ』

霞の向こうに新宿が見える
ツバメはうまくビルを縫ってゆく
今年はゆっくりと春がおとずれる

コインランドリーは歩いて2分
軽い口笛は少しの余裕
人ゴミだけは苦手だけれど

そっちには僕の声とどいてますか
擦れ違う季節に思いをよせている
多分ね きっと変わらない この先もどこにいても


外食ばかりじゃ やっぱいけないね
タバコの量もちょっと多いかもね
少しなげやりになってるかもね

単純に物を考えるようにしてる
そうでなくたって手に余るから
僕にできること ただそれだけを

どっかで僕の唄 聞けますか
風に乗せるつもりで必死でつむいだけど
幸せずっと祈ってる この街のどこからでも

そっちには僕の声とどいてますか
擦れ違う季節に思いをよせている
多分ね きっと変わらない この先もどこにいても       

作詞・作曲:山崎将義
by c-a-ten | 2011-09-15 00:36 | 日々 | Comments(0)