ニューメェイルの器

西天満「ニューメェイル」さんからご注文頂いていた酒器、焼き上がりました。
お店こだわりの日本酒用に使われるのだとか。

こちらのお店はオープン時に、お店で使われるほぼすべての器と看板をオーナーご自身が天で作陶されました。
オープン時の模様はこちらから。
それ以降は必要な器をちょくちょくご注文頂き、お世話になっています。

アテ系からガッツリ系まで、ひと手間かけたお料理が楽しめるお店です。
この酒器のせいで、呑みすぎること間違いないですね(笑)
d0173398_16252120.jpeg

by c-a-ten | 2016-03-27 16:57 | 作品 | Comments(0)

浪皿

人気の富士皿シリーズのテイストをとどめつつ、少し小ぶりにして、気軽に使って頂けるようアレンジしました。
微妙な立体感が盛り付けを助けてくれます。
オードブルやお惣菜をちょこっと盛ってみたり、お刺身なども見栄え良く、豪華に見せてくれます。
ご購入はこちらから。
d0173398_17451287.jpeg

by c-a-ten | 2016-03-19 17:44 | 作品 | Comments(0)

『美味ひでき』の器

玉造の『美味ひでき』さんからご注文頂いていた器たち、完成しました。
今回は用途とざっくりとした大きさをお聞きし、後はお任せで‼︎とのオーダーでしたので、自由に楽しみながら作らせて頂きました。
もちろん、大将と女将さんも焼き上がりには満足して下さっている、はず(笑)

この器たちが、どうぞ美味しい時間を作ってくれますように。
d0173398_17123042.jpeg

by c-a-ten | 2016-03-16 17:11 | 作品 | Comments(0)

ふくろうカードスタンド

本日配信の「iichi通信」に「ふくろうカードスタンド」掲載して頂いています。
興味のある方はのぞいてみて下さいね。
d0173398_17565195.jpg




by c-a-ten | 2016-03-10 18:01 | 作品 | Comments(0)

土鍋ヨーグルト

土鍋でヨーグルトが作れます。

市販のヨーグルト大さじ2~3杯と、無調整の豆乳を1リットル土鍋に入れてまぜまぜ。
2~3分強火にかけ、後はバスタオルにくるんで半日放置で完成!!
なんと全部ヨーグルトになってます。
普通のヨーグルトより大豆の香りが強く、ぷるんぷるんして美味しいです。
我家は牛乳飲まないので、牛乳でもできるかどうかは不明です(笑)
種のヨーグルトを変えてみると、微妙に味が変わって楽しいですよ。
栄養価に関しては・・・
これも不明です。すみません。


d0173398_17212819.jpeg


by c-a-ten | 2016-03-08 17:21 | 日々 | Comments(0)

土鍋ごはんの炊き方

「土鍋でご飯炊くのって難しそう!!」
ってよく言われます。
そりぁ多少の火加減が必要ですので、電気炊飯器のようにスイッチオン!後は待つだけ、というわけにはいきません。
でも、みなさんが想像する以上にとっても簡単、しかも炊飯器とは比べ物にならないくらい美味しく炊けるのです!!

ということで、本日は「天流土鍋ご飯の炊き方」をお伝えします。
(エラそうにいうほどの内容ではないですが・・・)

まず、水の量はお好みですが、米と同量~1.3倍位を目安に調整してください。
火力はいきなり最強火で。
いわゆる「はじめチョロチョロ」は土鍋が勝手にしてくれます。
空気穴から湯気が出てきたら極弱火に。
で、水分がなくなれば火を止めてください。
コンロの火力にもよりますが、3合で約10分弱を目安にしてください。
おこげを作りたい場合は、火を止める前に30秒程度強火に。
後は10~15分蒸らせば完成。
蒸らし中に蓋を開けるのは厳禁!!
美味しいご飯をいただく為の辛抱です.

炊けてるかどうか不安な方は、炊飯中は蓋を開けても大丈夫ですので、スプーン(バースプーンがあれば便利です)でお鍋の真ん中あたりのご飯を少しすくって食べてみてください。
蒸らし中にも火が通るので、固め好みの我家では少し芯が残ってるかな~?くらいで火を止めてしまいます。
炊き加減はお好みですので、2~3回炊いてみて、自分好みの水加減と炊飯時間をみつけてくださいね。

玄米や雑穀米の場合は、米量の1.5倍の水量を目安に。
炊飯時間は白米より長くなりますが、炊き方は同じです。

以上、ざっくりとした説明になってしまいましたが(スミマセン・・・)
そんなに神経質にならなくても、美味しく炊けますので、ぜひトライしてみてくださいませ。

写真は分づき米+雑穀です。

d0173398_17032933.jpeg

by c-a-ten | 2016-03-02 17:57 | 日々 | Comments(0)