鮨ひでぞうの器

裏なんばの人気店「魚屋ひでぞう」さんが先月新しくオープンした「鮨ひでぞう」さん。
カウンターに合わせた付け台を作らせて頂きました。

店内は大将のこだわりが満載ですので、それを壊さないように、
また、カウンターが客席に向けて斜めに下がっているので、お客さまからの見え方等、
ちょっと苦労しました(笑)

実際使ってもらっているのは初めて拝見しましたが、釉薬の色がお鮨をより映えさせているようで、ひと安心😊
d0173398_15312673.jpg


# by c-a-ten | 2016-11-21 15:31 | 作品 | Comments(0)

沖縄料理店の器

前回の投稿から、気がつけば季節が変わってしまいました(^_^;)

気を取り直して・・・笑

沖縄料理店からのオーダー。
琉球ガラスを思わせるトルコブルーのお造り用盛鉢とミニシーサー。
鉢に氷を張り、その上に沖縄の魚のお造りを盛り付けされるとのこと。
傍らにシーサーも差し込めるようなデザインにしました。
d0173398_13105094.jpg


こちらは取皿。
見たこともなく、名前も知らなかった魚たち。
一枚一枚手描きで、7種類合計73枚。
8時間かかりました!!
写真は焼成前。
d0173398_13110585.jpg


焼き上がった完成品。
愛おしき魚たち。
納品する時、子猫を里親さんにお預けするような気分でした。
(その経験はないですけど・・・笑)
d0173398_13110877.jpg

お客様には、目からも沖縄を感じてもらえたら嬉しいです!!

# by c-a-ten | 2016-11-03 13:31 | 作品 | Comments(0)

そろそろ各地の新米が出てきましたので、新作の小ぶりの丸鍋で炊いてみました。

火力はいきなり最強火で。
いわゆる「はじめチョロチョロ」は土鍋が勝手にしてくれます。
今回は新米ですので、お米(1.5合)と同量の水量にしました。
d0173398_12515857.jpg


約5分、沸騰してきたら極弱火に。
中はこんな感じ。(この状態ではふたを開けても大丈夫です)
d0173398_12520897.jpg


吹きこぼれるようでしたら、こんな風にふたをずらしています。
d0173398_12521119.jpg


鼻ちょうちんも楽しめます(笑)
d0173398_12521449.jpg

約9分、このくらいに(まさかのピンボケ 涙)水分が無くなれば火を止めます。
炊けてるかどうか不安な時は、スプーンでお鍋の真ん中あたりのご飯を少しすくって食べてみます。
蒸らしの時にも火がとおるので、ちょっとかたいかな~?くらいでも大丈夫です。
d0173398_12521851.jpg

後は12~15分蒸らせば完成。

蒸らし中に蓋を開けるのは厳禁!!
美味しいご飯をいただく為の辛抱です.
d0173398_12521653.jpg
d0173398_12522187.jpg

今回はおこげができませんでしたので、
弱火の時間をもう1分くらい長くした方が良かったかな。

新米のおいしい季節です。
皆さんも土鍋ライフ、楽しんでみませんか。




# by c-a-ten | 2016-09-25 13:26 | 日々 | Comments(0)

久々の投稿になってしましました。
風はすこーし秋らしくなってきましたね。

工房では、10月から12月に新店をオープンされるお店の器制作に取り掛かっています。
納期が重なると過酷な状況になるので、少しずつ前倒しに作っていけるようにしたいのですが、
なかなかうまくいかないもんですね(/_;)

ということで(何が?)
めずらしく轆轤(ろくろ)を挽いている(笑)レアな動画をご覧くださいませ。

# by c-a-ten | 2016-09-14 17:39 | 工房 | Comments(0)

6周年の感謝

8月15日はクラフトアーツ天の創立記念日でした。
丸6年が過ぎ7年目に突入致しました。
本当にたくさんの方々に助けられて今があること、心より感謝しております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!

今年はお祝いムードとは程遠く、灼熱の工房で作業に追われています^^;
窯場のコンテナにはもちろんクーラーなど無く、夏場の窯詰めは本当に辛い‼︎
ダイエット目的の方、お手伝いに来てください(笑)

さてさて、
窯詰め完了、本日は窯焚きです。
d0173398_17491371.jpeg



# by c-a-ten | 2016-08-19 17:41 | 工房 | Comments(0)