電気窯働き過ぎ?

数日前、窯たき中の深夜。
1階工房で、「ガタガタッ、バタッ」と大きな物音。
布団から飛び起き、二人でおそるおそる階下へ。
幸い人影はなかったけど、さっきの音は???
工房そこいら(って言うほど広くないけど)をキョロキョロしてると、大きく「ガタッ!!」
え~っ!!
今の音、窯の方からしてない???(>_<)

でも、順調に窯の温度は上がっていってるし、しばらく様子を見てても問題なさそうなんで、
気になりながらも、その後就寝。

で、早朝窯の様子を見に行くと・・・
窯の温度を示すモニターの電源が落ちてる(-_-;)
元電源をさわっても、うんともすんとも・・・
ここんとこ、しょっちゅう窯たきしてたからな~

業者さんが営業する時間を待って連絡をし、状況を伝えると「故障ですね~」とあっさり。
ハラハラハラ~(お札が落ちる音)
窯って修理代がけっこうかかるんです(涙)

月曜に修理に来てくれるんだけど、今日やっと窯の温度が下がったんで
おそるおそる少し蓋を開けてみた。
電気窯働き過ぎ?_d0173398_1614473.jpg

あ~っ、やっぱり温度が完全に上がる前に電源が落ちたみたいで、
釉薬が溶けきってない(涙涙)
修理が上手くいっても、もう1回焼き直してきれいに焼き上がるだろうか。
お客様の作品、いっぱい入ってるのにー!!

取りあえず、今は若干シクシク痛む胃と共に、修理を待つしかない。
by c-a-ten | 2012-07-07 16:32 | 陶芸教室